読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
福岡県大牟田市で平成館というフルコンタクト空手の道場で先生をしています。 空手のことや私生活をアップしていきます。

空手の先生必見‼習い事市場について調べてみた‼

今日は、初の空手ネタで攻めたいと思います。

 

4月からは本格的に「平成館」のPRや門下生を増やすための活動をやっていこうと考えているのですが、、、、

 

そこで疑問が湧きました、、、

世の中の親御さん達は

どのような基準で子どもの習い事を決めるのか、

どのくらいの金額をかけれるのか、

習い事に何を期待しているのか

・・・などなど

 

ってことで僕なりに調べてまとめてみました。

 

数字がかなり出てくるので、ご注意を‼‼笑

 

【習い事市場規模】

まずは、純粋に習い事の市場規模を見てみましょう!

 

矢野経済研究所の調べによると、2014年の習い事の市場規模は

約1兆9,858億円(前年度比0.3%減)

以下構成の詳細です。

 

 分野別では、スポーツ教室 6,440 億円(構成比 32.4%)、日本文化教室3,292億円(同16.6%)、英語教室3,070億円(同 15.5%)、アート教室2,584 億円 (同 13.0%)、ダンス教室2,245 億円(同 11.3%)が上 位を占めた。 少子高齢化の進行による対象人口の減少もあり、前年度と比較すると大半の分野が前年度割れとなっ た。その中で、前年度より市場規模が上回った分野は、幅広い年齢層が健康を意識して参加するスポー ツ教室(前年度比 100.9%)、小学校における英語必修化やビジネス環境のグローバル化、東京オリンピ ック・パラリンピック開催決定に伴い通訳ボランティアへの参加などの環境が注目される英語教室(前年 度比 101.4%)である。 

 元データ:http://www.yano.co.jp/press/pdf/1412.pdf

 

 赤文字の後半部分がもっとも注目できる点だと思いますが、

前年度より市場規模が上回った分野は、幅広い年齢層が健康を意識して参加するスポー ツ教室(前年度比 100.9%)!?!?!?

 

とてつもない伸び率ですね、、、笑

 

空手は、幼児からお年寄りまで楽しめるものだと僕は思うので

チャンスがありそうな予感です‼

 

【子どもの習い事を決める基準】

では早速、親御さんが習い事を決める基準を見てみましょう‼

 

 場所・・・・・・・・・・・・・・・53%

子どもの希望・・・・・・・・・・・48%

通いやすい曜日・時間帯が選べる・・41%

月謝の値段・・・・・・・・・・・・32%

体験教室・・・・・・・・・・・・・25%

友人・知人の進め・・・・・・・・・20%

 NTTコムリサーチ 調べ:

子どもの習い事に関する調査 - NTTコム リサーチ 調査結果

 

場所子どもの希望が要因として大きいようです。

僕としては月謝の値段が思ったより、数値が低かったのが、驚きです。

 

 

【金銭的なデータ】

次に子ども(幼児・小学生・中学生・高校生)のスポーツ系の習い事に1カ月にいくらかけれるのかを調べてみました‼

 

一カ月あたりの学校外教育活動の費用

スポーツ・・・3,700円

芸術活動・・・2,200円

家庭学習活動・・3,400円

教室学習活動・・7,400円

合計・・・・・・16,700円

 

男女別活動費

 男子・・・4200円

女子・・・3100円

男女で結構差があることが分かります。 

 

世帯年収別のスポーツにかけれる金額

400万円未満・・・・・・・2400円

400万~800万円未満・・・3600円

800万円以上・・・・・・・4900円

 やはり年収によって、習い事にかける金額は変わってきますよね、、

 

人口規模

5万人未満・・・・・・2900円

5万~15万人未満・・・3400円

15万人以上・・・・・・3700円

指定都市・特別区・・・4100円

都市部になる程、支出が高いことがわかります。 

田舎にいくと、ボランティアで教えている人が多いイメージがあるので、そのせいもあるのかと思います。

 

子どもの数別の習い事にかける費用

1人・・・・・3600円

2人・・・・・3700円

3人・・・・・3800円

4人以上・・・3500円

子どもの数と習い事にかける金額はそれほど変わらないようです。 

 

元データ調査概要:子どものスポーツ・芸術・学習活動データブック - ベネッセ教育総合研究所
 

【習い事に期待していること】

最後に習い事に期待していることです。

 

f:id:Hidetaaan:20160331234922p:plain

技術の向上はほとんど意識されていないみたいですね‼‼

 

 

【まとめ】

・習い事を決める決める基準

 通いやすさと子どもの希望が重要視される

 

・金銭的なデータ

 男女でスポーツかける金額に差があり、年収や人口規模によっても隔たりがあるが、兄妹の人数が増えても、一人当たりにかける金額はそれほど変わらない。

 

・習い事に期待していること

 人との関わりや日常生活に活かせるような能力を身に付けることを期待され、技術の向上に比重をあまり置いていない。

 

まとめていて、僕自身もほんとに勉強になりました。

次回は各論的な感じで「幼児編」「小学生編」「中学生編」を順番に書いていこうと思います。

 

幼児編はこちら

hidetaaan.hatenablog.com

 

 小学生編はこちら

hidetaaan.hatenablog.com