福岡県大牟田市で平成館というフルコンタクト空手の道場で先生をしています。 空手のことや私生活をアップしていきます。

寄付や募金、義援金、支援金の違いについて調べてみた‼

 最近、熊本の地震の影響で寄付や募金や義援金、支援金など多くのお金を集める活動を目にするようになりました‼

 

 そこで疑問が、、、、、、

 何がどう違うの?ってことで調べてみました‼

 

【寄付について】

「寄付」という言葉を広辞苑で引いてみると、、、

公共事業または社寺などに金銭・物品を贈ること。

と書いてあります。

お金だけではなく、物も含まれるという意味合いが込められているみたいです、、、、

 

【募金について】

次に「募金」という言葉を広辞苑で引いてみると

寄附金をつのること。

と書いてあります。

なるほど‼‼

寄付は物品も含まれて、募金はお金のみを集めることなんですね‼

 

義援金

そして次に、義援金広辞苑で引いてみると、、、

義損のために出す金。義金。

わかり辛いので「義損」という言葉を広辞苑で引いてみると、、、

慈善・公益・災害救助などのために金品を寄付すること。 

 らしいです‼︎

よく分からなかったので、日本財団のHPで調べてみました‼

すると、

義援金とは、被災者の方々へ、お悔やみや応援の気持ちをこめて贈るお金。赤十字・赤い羽根共同募金・自治体・TV局などが受付。

 

【支援金】

最後に「支援金」広辞苑で引いてみると、、、ありませんでした。笑

そこで、「支援」を調べると

ささえ助けること。援助すること。

これもよくわからないので、日本財団のHPで調べてみました‼

支援金とは、あなたが応援したい団体、関心がある分野の団体を自分で選んで寄付し、被災地の支援に役立ててもらうお金のことらいしいです。

 

【支援金と義援金の違い】

日本財団のHPより支援金と義援金の違いについてまとめてみました‼

被災地での救命・復旧活動

支援金各機関やNPO、ボランティア団体の判断により、人命救助やインフラ整備などの復旧活動に速やかに役立てられる。

 

義援金は、被災者に分配されるもので、ボランティア団体や行政がおこなう復興事業や緊急支援には使われない。

 

公平な配分

支援金使い道は支援先団体に任せることになる。各団体ごとに支援金の使途や収支の報告を行って透明性を確保している。

 

義援金被災した県が設置した義援金分配委員会によって、寄付金の100%が公平・平等に被災者に配布される。

 

被災地に届くまで

支援金被災地からのニーズに対して、各機関や団体が、各自の判断と責任において柔軟に使用できるので、すぐに活用される。

 

義援金被災者などの正確な情報を把握した後に均等に分配される。配布作業も混乱する被災自治体が担当するため負担が大きい。

 

f:id:Hidetaaan:20160501213537j:plain

日本財団HP:支援金と義援金の違い | 日本財団より

 

【最後に】

支援金は迅速に被災地に届く一方で、しっかりとした団体にしないとお金がどういう事に使われたかわからないところが少し気になります。東日本大震災の際には、支援金詐欺みたいなのも起きたみたいですし、、、、、

 

その反面、義援金は時間はかかるもののしっかりと行政の手によって被災者に届くことが分かりました。

 

今後支援金や義援金を寄付する際には、違いを分かったうえでするようにしたいですね‼

 

では今日はこの辺で‼