読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
福岡県大牟田市で平成館というフルコンタクト空手の道場で先生をしています。 空手のことや私生活をアップしていきます。

熊本の活動記録

毎回、毎回ブログ読んでいただいてありがとうございます‼

 

 最近は週に2、3回ぐらい熊本に行って、時間が取れなくて更新できていなかったので、色々と活動のお手伝いをさせいただいたことをまとめて書きたいと思いますています。

【5月16日】

 この日は夕方から空手の稽古があったので、14時ぐらいまでお手伝いをしました‼

 朝から次の日に使う、ガムテープとオリコンに巻くビニールを買いに行きました‼

 熊本市内は渋滞しまくってて、車が全然進まず、、、

 午前中いっぱいまでかかりました、、、泣

 

 ガムテープを買ったホームセンターでは、2階は地震の影響でぐちゃぐちゃらしく、閉鎖している状態でした。

 地震の爪痕は経済活動にも大きな影響を及ぼしていることを改めて感じました。

 

それからは、次の日に活動を行うスーパーに行き、中を見学させていただきました‼

【5月17日】

 この日は、前日に見学に行ったスーパーへ行って、支援物資をいただきました‼

 このスーパーは、地震の影響で建物の柱や壁にヒビが入ってて、店舗ごと取り壊すとのことでした。 床には、商品が散らばっている状態でした。

 取り壊す際に、スーパーの商品は全て廃棄処分するそうですが、支援物資として有効活用するために賞味期限が3カ月以上のものをいただきました‼

 

 僕は17日しかお手伝いできなかったのですが、18日、19日で段ボール2054箱分も物資をいただきました。

 そんな暑い中、のべ32人ものボランティアの方々が来てくださってて、熊本のために何かしようと考えている人が多いことを改めて感じました。

 

【5月20日】

 この日は、熊本市役所で各区の職員や社会福祉協議会、被災地で活動しているNPOや全国の自治体から派遣されている職員の方々が集まる会議に出席させていただきました‼

 

 各避難所に滞在している人数や今後の避難所の統合などの話が多くありました。

 避難している方は5月19日現在で

中央区:524名

東区:1004名

西区:437名

南区:606名

北区:173名

合計:2744名

と資料に挙がっていました‼

 この他にも車中泊の方もいるので、まだまだ時間がかかりそうです。

 

 一番の課題は、避難所でのコミュニティ作りというものが挙げられていました。

 行政の職員が行くと地域の方々からすると強制的な感じがして話を聞いてくれない場合があるそうなので、NPOの方が避難所に入ってコミュニティ作りの手伝いをしているとのことでした。

 

 避難所のコミュニティ作りで一番の問題なのは、昼と夜で人数が極端に違うことだと聞きました。また、近所関係が希薄な地域もあり関係作りからのスタートになるために難しいとのことでした。

 

 昼間の場合だと普通の方は仕事や学校に行ったり、被災した自宅の片付けをするため、避難所にいる方がゼロという場所もあるそうですが、夜間になると人が増えるという現状があり、またゼロにはならなくてもお年寄りが多く昼間に残っているそうです。

 

 なので、コミュニティ作りを先導していくリーダーの選定が難しいとのことでした。

 

 そこで、とあるNPO団体が昼間に茶話会をしたところ大盛況だったそうです。避難所で毎回顔を合わせていて、話したいけれどきっかけがないので会話ができないと悩んでいた方が多かったそうです。

 

 今後は避難所での運動不足や会話のきっかけ作りを兼ねて、茶話会と軽く体を動かすようなことをやっていくとのことでした。そして最終的には支援物資の仕分けなどをしてもらうように働きかけをしていきたいと話しておられました。

 

 また、避難所には実際にいなくて場所だけ確保している方もいたり、街でお酒を飲んでホテル代わりに避難所を使う方がいるなどの問題も報告されていました。

 

 また、仮設住宅の建設地の話もありました。

 候補地にテントを建てて避難しているグループがいて、テントを撤去してもらうように行政の方がお願いすると「また地震が来たらどうするんだ」と言われて交渉がそれ以上進まないそうです。

 

 最後の方には、ボランティアの受け入れが議題としてありました。

 平日でも500人以上ボランティアで来ている方がいらっしゃるそうです。

 

 今来ているボランティア依頼が4960件あるそうです。

 内容は、建物の瓦礫撤去や家の片付けなどです。

 ここでの課題は、「他人に家に入られるのに抵抗がある」や「自分のペースで片づけたい」や「まだ気力が湧かない」などの意見があるとのことでした。

 

 この会議は、1時間30分ほどで終了しましたがとても勉強になりました。

 現状を知るってほんとに重要なことだと思います。

 

【5月24日】

 この日の作業はセカンドハーベストジャパンさんのシステム関係を習いました。

あとは事務作業をやりました。

 

【5月25日】

  この日は、前日の雨で、倉庫の中は大きな水溜りができていたので、水を逃がすために水路を作りました。

f:id:Hidetaaan:20160527194005j:plain

 支援物資の食料に湿気は大敵なので、今後を左右するような重大任務です。

 

  微妙な傾斜を付けながら、手作業で掘りまくりました。

f:id:Hidetaaan:20160527194151j:plain

 

 この日一緒に作業したのは、自転車で日本一周をしている途中の19歳の宮城君‼(一緒に写真撮ればよかったと後悔してます、、、泣)

 

 19歳とは思えないぐらいしっかりしてて、話してても価値観がめっちゃ合ってすぐに打ち解けました‼(僕が勝手に思ってるだけかもしれませんが、、、笑)

 

 旅の思い出話や旅に出たいきさつなどを聞きながら作業しました。

 話を聞いてると僕も自転車で日本一周をしたくなりました‼

 

 そして夕方ぐらいまで、2人でせっせと水路を掘っていたのですが、最終的には重機を持ってきて、僕らの努力をあざ笑うかのような作業効率でした‼

f:id:Hidetaaan:20160527194316j:plain

 

 その後は、玉名温泉にて汗を流した後、玉名ラーメンを食べて帰りました。

 

 この日の様子は、宮城君のブログにも紹介されてます。

 よかったら、みなさんも応援をよろしくお願いします。

76・77日目 熊本県熊本市 : ゆうごの自転車日本一周旅行記

 

【最後に】

 熊本に行き始めてたくさんの人と出会って話をして、色々な経験をさせてもらってます。

 それぞれのバックグラウンドは違いますが、共通するのは

「被災地が一日でも早く復興できるように自分が何かできることをしたい」

という気持ちを行動に移したことだと思います。新しい出会いがあり、いい意味での刺激を受けれるのは、行動に移したご褒美だと思っています。

 

 僕は被災地復興のお手伝いをしているのですが、自分が成長していっている気がします。たくさんの人と接する中で刺激がたくさんあり、そのような環境に身をおくことは本当に大切で、長期的に考えれば大きな財産になると思います。

 

 この環境に感謝してこれからも頑張っていきます‼

 

 まだまだ、支援は続ける気持ちでいるので今後もいろいろな記事を書いていきたいと思います。

 

 最後に、宮城君のブログに載っていた僕の写真でお別れです。

f:id:Hidetaaan:20160527200707j:plain

 書いていることは、人生でチャレンジすることです。簡単なようで、本当に難しいことですが、貫いていきたいと思います!

 

 下の記事は僕が携わった、被災地支援の記録です。

 

 支援物資を集めた時の記録はこちら

hidetaaan.hatenablog.com

 

 

 始めて被災地に行った時の記事はこちら

hidetaaan.hatenablog.com

 

 物資を保管する倉庫を建設した時の記事はこちら

hidetaaan.hatenablog.com